Squid Rock Live, archives

カテゴリ:調理( 11 )

メバル de パスタと大葉天


(2.25. sat)釣ったメバルの料理!

c0340685_01143156.jpg





釣ったその日に捌いて野菜室に保存。
次の日にいろいろ調理しました!


c0340685_01262430.jpg


サイズはバラバラで複数のボウルに小分け。
数はそこそこまとまりました。




せっかくなので今までメバルで作ったことのない料理を!

ということでまずはパスタ。

よくアクアパッツアを作った際にパスタを混ぜたり、底に敷いたりしてスープを吸わせてパスタも楽しむ!みたいなレシピやブログを見たりします。
実際旨いのですが、そのパスタがフニャっとしすぎてて好みでないというか、ホンマに旨いスープをベストな状態でパスタに吸わせたら最高なんじゃないの??ってことでまずはアクアパッツア作り。

煮えたら魚を取り出して、パスタ茹で〜のソースに絡め〜のでベストな状態で盛り付け、横に取り出したメバルを添えました。
秋に釣ったイカも炒めながら…


c0340685_01262527.jpg


パスタはもー最高!

そして身はプリホロ。。


c0340685_01262584.jpg


でも…


魚自体に全く味がない 笑




めっちゃええカンジにできたんですが、スープのいいとこ(旨味・塩味)を恐らくパスタがぜんぶ吸ってしまった。

《アクアパッツア=水煮》ですので、アクアパッツアはそもそもスープに魚の旨味を出す&そのスープと一緒に魚をいただく料理ってことで。


要するに…既存のレシピ『パスタをアクアパッツァの下に敷く』ってのが正解かと 笑

アクアパッツアは、スープと一緒に魚を食べないと意味のない料理!ってことがよくわかりました 笑


まぁえー塩梅の薄味でしたので子どもにとってはちょうどよかったみたいで♪


c0340685_01262803.jpg


パス育、ラー育は無添加ありきですがこれからも大事にしていこうと思ってます 笑





で、次の料理!

メバルの料理は今までいろいろ作りましたが、地味に天ぷらって作ったことがなかったんです。


というのも、天ぷらってやっぱり一口サイズで、そこそこクセのある野菜や魚介類がええ味出すもんで。

メバルはどちらかというと身にクセがないし、サイズも大きめだしな〜
ってことで敬遠してました。

でも身質はいいし工夫次第でなんとでもなるんじゃないの?

で、1匹から4枚にサク取り。
子ども用に完全に骨取ってから塩強いめに。
ラストに身を2枚重ねて大葉巻いてから天ぷらにしました。


c0340685_01262763.jpg

油が若干古かったのはマイナスでしたが、これは言うことナシに旨かった。。

c0340685_01262622.jpg


昼間っから揚げ物&ビールが贅沢でした♪

またいろいろ作ってみます 笑












で、話は変わりますが…

冬場になるとスーパーでよく売ってるタラの白子。

自分は素材としては好きなんですけど、茹でただけの白子にポンズとか毎度結構水っぽくなってイマイチやなと…
鍋に入れるのもいいけど、結局ダシかポン酢じゃないです??


そんな疑問持ってたフツーのタラの白子ですが、醤油で焼くとかなり旨いです。

アルミホイルを皿にして、白子乗っけて、焼き具合をたまに見ながらフィニッシュに醤油垂らして、焦げ目ついたら出来上がり。
仕上げに青ネギと七味を盛ると更に旨いです。

c0340685_01262766.jpg

今回のは家庭用コンロについてる魚焼き機で調理。
トースターでもOKです。

メバルの料理とか何書いてたのか…白子のこと書いてたらぶっ飛んでしまいましたが、、
それぐらい旨いしめっちゃ簡単ですのでぜひ!!







そろそろまた釣りいこ♪





にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2017-03-09 00:43 | 調理 | Comments(0)

ガシラとメバルの料理

先日釣った魚料理。



ガシラが多めとメバルが少しでしたので、それならそれなりに。




まずはガシラ。

いつもながら1歳4カ月の子ども用にメシを作るのですが、今回は空揚げ。

c0340685_00292760.jpg

身は3枚におろしてからサク4つに取りまして、テキトーにカットしたものを小麦粉つけて、短時間高温の油でカラっと。
ヒレは柔らかいところのみ切り取って低温でじっくりと。

しっかり揚げてキッチリ油切ると、そこまで紙に油が染みませんね。

『ポテトか!』っちゅーぐらいパクパクいってくれてましたのでまずは満足。



続いて大人用1コめ。

c0340685_00292774.jpg

久々にカルパッチョなぞ。

刺身と塩&ブラックペッパーとの相性はよかったですが、時期ながら??トマトの酸味が邪魔でガシラ本来の甘みや旨味はそこまで感じられず。

トマト多すぎたのもあるんですかね。
ちょっと失敗 笑

c0340685_00292772.jpg

オイルは嫁さんが買ってたものを使いましたがこれはなかなかよかったです。



続いては定番?の寿司。

ガシラはよー釣りますが寿司作るのは初かも…

c0340685_00292604.jpg

ひょっとして味気ないカンジになるんじゃないかな〜と懸念して皮炙って塩スダチで食べましたが、やはり酸味が邪魔。
スダチもそうですが酢飯もかなり邪魔なんですよね。

試しにネタだけ外して食べると………もう至福の旨さ。。笑

せめて昆布締めにするとか、もうちょっと研究の余地がありそうです。
簡単に釣れる魚なのでもっともっと美味しく食べたいですしね。


寿司のコツ→絶対に米は少なめ。

米とネタを合わせるとはいえおにぎり食いたいんじゃないからね 笑
コレは日本酒や焼酎片手に食いたいですから。





で、最後にメバル。

c0340685_00292524.jpg

これまた久々に清蒸鮮魚。

もう…この料理の旨さは言うことナシ!



調理の仕上げに香草の上から『ジャッ〜!!』と熱した油をかけるのですが、今回はサラダオイルじゃなくてピーナッツオイルを試してみました。

c0340685_00292699.jpg

これがまた絶品 笑


チープなパッケージですが味はより本格的なものに近づきますね。
今やweb通販でいつでも買えますし、全く高くないですし、ぜひご家庭に1本!笑


コレをチャーハンとかに使っても旨いと思います♪





『清蒸鮮魚』のレシピは過去ブログから。


※上記載ってないガシラは全て空揚げにて美味しくいただきました。











にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2016-12-07 01:00 | 調理 | Comments(4)

メバルで子どもごはんとアクアパッツァ&コアジ空揚げ

先日釣ったメバルの料理。

とかく、子どもが小さいので何かしらの『釣りに行く理由』が必要なワケで。
今回は「新鮮な魚食べさせたいよな〜」とか言ってた気がする 笑


ということでメバル料理。

c0340685_23524290.jpg

冒頭にも書きましたが、今日は子どもごはんがメイン。

メバルの身はフワっと繊維が細くて口あたりのなめらかさが特徴ですよね。
何度か子どもにもあげましたが大好きです。

子どもに大きいサイズはいらないですが、丁寧に小骨を完璧に取ってあげることが重要。
案外骨キツいですのでね。


小さいサイズのメバルを3枚におろしてサクに取り、4本の身にしたあと適当に切って小皿に置いた昆布の上に並べ、塩で上面のみ下味。
で、小鍋に少量の湯を入れて蒸していきます。

数分で蒸しあがるのでそれで完成。

c0340685_23523942.jpg

不安ゆえ少し長いめに蒸したので若干身がモロってなりましたが、大人でも旨い子どもごはん。

ナイス表情で食べてはりました。



続いて2匹ひったてたコアジ。

c0340685_23524160.jpg

コレは久々に空揚げにしましょー

ということで小麦粉つけて空揚げ。
昼間に寺にお参りに行ったので、そこで拾ってきた紅葉やらを油取り紙代わりに。

c0340685_23523930.jpg

ま、多少秋らしくなったでしょうと♪

今回はヒレをキッチリ立てることを心がけてみました。
※ちょっと折れたけど…


…やっぱりアジは旨い 笑



ラストにメバル3匹使って久々アクアパッツァ。

c0340685_23524009.jpg

今回、パスタに茹で汁を吸わせないで、オイル・塩コショウ・ニンニク・パルメザンのみで別に作って、その上からアクアパッツァを盛りました。

スープを吸わせるより、はるかにコッチのが旨い。

アクアパッツァ自体は難しくない料理なので、パスタと合わせる際は別立てがいいと思います。



アクアパッツァのレシピは過去ブログ→こちらから。


またメバルいこ♪








にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2016-11-30 00:15 | 調理 | Comments(0)

カワハギとイカの料理

先日先々日に釣った魚料理♪


秋ながらのカワハギとイカですが、カワハギは誰がどう考えても旨いです。

が、そのレパートリーはちょっと少なく。
先日と先々日でほぼ作るものがカブりましたのでまとめて。

レパートリーはといえば↓くらい。

・肝ポン酢
・薄造り(肝和え)
・空揚げ
・吸い物
・茶碗蒸し


前回釣ったデカいカワハギ。
ショアで釣れるサイズにしてはとにかく肝がナイスでした。

c0340685_23380174.jpg






ので、まずは味見がてらはじっこ切って、そのまま軽く茹でて肝ポン酢。

c0340685_23375689.jpg

もう絶品。

肝の濃厚なコクと旨味と、、
酒が止まらん!

個人的に肝のみで食べる場合は生より湯通しする方が料理らしくいただけて好み。



続いて定番の薄造り(肝和え)。

c0340685_23375855.jpg

コレは生の肝でいただきました。

茹でるより生のが身にも醤油にも絡みやすいと思いますので、醤油には生肝を溶いてコッテリに。

身にアサツキと生肝を巻いて、肝醤油にチョンとつけて。

薄造り(肝和え)と書く意味は、合えてしまうよりこの食べ方のが旨いから♪

現場で血抜きした肝は嫌味も臭みも全くなくサイコーでした。

※ちなみに身はこれで1匹分。



続いて空揚げ(先日のガシラも一緒に)。

c0340685_23380093.jpg

カワハギのボディって、結構変なカタチしてますし、お店ではなかなか食べたことがなく包丁の入れ方にはいつも悩んでました。
けど、↓のカンジでスターフルーツみたいに入れてやると身離れもよくええカンジにできました。

c0340685_23375923.jpg


そして吸い物。

羅臼昆布でとったダシに、薄造りや空揚げで余ったカワハギの頭や中骨を入れてダシをとって味付け。
具はケンを作ったあとの大根の芯を薄く切ったものと三つ葉、先々日釣った小鯛。

c0340685_23375713.jpg

カワハギで一番旨いのはダシ!と言われるだけあっての旨さ。


そのダシを冷まして卵と合わせ、ダシ用に炊いたアラから身だけ外して、肝と野菜も入れて蒸し器で数分。
で、茶碗蒸し。

c0340685_23375719.jpg

見た目はシュールですが、地味にコレが一番旨いと思う。

ダシの旨さ、肝のコク、身の弾力と三つ葉や柚子の香りと相まって…
もう言う事ナシです。

薄造りとこの茶碗蒸しだけはぜひ試してほしいです。



で、最後にイカですが釣った次の日はカワハギの調理に夢中で結局刺身は食べれずに冷凍。

数日後に1杯分のゲソとエンペラといらないとこのみ使って、ジャガイモとブロッコリーと共にアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノにしました。

c0340685_00034780.jpg

コレはもう安定して旨いので何も言うことナシ!

冷凍ものもまだあるので、しばし料理を楽しんでみようと思います♪

で、どなたか絶品カワハギ料理がもしあれば教えてほしいです 笑
できれば和にとらわれない方が嬉しくて、洋食た中華に化けさせたいカンジです。

自分でもチャレンジしてみようと思います♪




釣りのほうですが、11末あたりからそろそろメバルとアジでも行こかな〜と画策しています。








にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2016-11-07 00:10 | 調理 | Comments(2)

メバルの塩焼き・潮汁・離乳食

先日釣ったメバルを料理しましょ。


まずはこの時期ならではの『塩焼き』。

c0340685_01054450.jpg


20UPが2匹だったので夫婦で1匹ずつ。


片方は身がパツパツで脂もノリノリ。こちらは嫁さんへ…

もう一個は割と普通のカンジでしたので、こちらは自分用に。


ええカンジの張りでしたので、皮が爆ぜるのを懸念して椎茸みたいに×を入れるのではなく3本切れ込みを入れました。

こうすると皮が爆ぜませんね。

鰭はしっかりめに化粧塩。


時期さながら旨かったです。



続いては子どもの離乳食を作った時に余ったアラと昆布で出汁をとった『潮汁』。

c0340685_01054580.jpg

アラに熱湯をかけて臭み取り。昆布を水から煮だした出汁にメバルを投入。

塩焼きを作ったついでに焼き目をつけたネギでコクと香ばしい香りをプラス。


これも『どんだけ?』ってくらい脂が浮いて旨かったです。



ラストに離乳食。


蒸し器の上に昆布を敷いて、その上にサク取りしたメバルの身を置いて数分蒸したら出来上がり。

c0340685_01054659.jpg

これは調理中の写真を撮らなあきませんね。。


これで身1/4なので、あと2匹と3/4はラップでくるんで冷凍保存。

いつでも赤ちゃんがメバルが食べれる状態にしておきました。


こう…子どもが小さいうちから釣りってものを正当化させとかなあきませんので 笑


以上前に釣った料理の記録でした。

やっぱりこの時期のメバルは冬のものと違って格段に旨いですね。


春イカにシフトとか書きながらまたメバル行きたくなりました。。



週末からはエギング!!






にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ


[PR]
by nmucho | 2016-04-29 01:07 | 調理 | Comments(2)

メバル料理(夕食編)

先日釣ったメバル。

先の『昼飯編』に続き今回は夕飯。

夕飯に作ったのは『刺身・炙り・揚げだし・アクアパッツァ』。

まずは25メバルの刺身。

c0340685_00334817.jpg

家の裏が竹やぶなので、飾り付けにいつも笹をカットしてくるのですがこの日は雨でしたのでナシ。
緑は菜花のみでちょっとシュールな絵になりましたので皿のみ柄ものにしてみました。

炙りは食感と皮目の旨味と合わさってかなり旨い。
プレーンな刺身は…これまた絶品。
20クラスの魚とまた味が違うくて、甘エビみたいな甘さがありました。。
ですがこう、エビみたいなもっちゃり感はなく、スキッとしてるのですが繊維もしっかり細くて甘い。

同じようなサイズのが釣れたら以降はまずは刺身ですね。
それくらい旨かったです。


続いては同サイズメバルの『揚げだし』。

どちらかというと、小さいサイズの魚のから揚げに出汁をかける…みたいな調理でしたが今回は贅沢に『身』のみ。
デカいサイズのメバルの身のみ、骨抜いて空揚げ(片栗粉/下味ナシ)に。

なんとなくフワっとした料理にしたかったので豆腐も一緒に。

ダシはトロみつけて、白髪ネギをトッピング。
あとは少しずつワサビを溶きながら。

c0340685_00335376.jpg

これもなかなかよかったです。

が!揚げだしはアオリイカでやるのが一番旨いですね 笑
もちろん旨いですが、揚げたら塩のみで食べるのがやっぱりイイです。

そんな土曜日の夕飯。




続いて日曜日の夕飯。

この日は久しぶりにアクアパッツァ。
用意した材料はこんなところで。

c0340685_00335038.jpg

なんといっても特筆すべきはメバルの鮮度にあります。

釣ったのが金曜日の夜。
このまな板の上の魚が日曜日の夜。

なかなかええ目しとるのではないでしょうか。

で、今まで通りのレシピに準えての完成。

c0340685_00335199.jpg

…ちょっと煮すぎましたけどね 笑

c0340685_00335540.jpg

今回パスタに使ったのは『オレキエッテ』。
これはスープを掬いながら食べれるのでかたり都合がよかったです。

そんな『夕食編』でした。



c0340685_00335875.jpg

タックルメンテして次の釣りの準備も完了。
次は今週末にでも行こうと思います。



そうそう。自宅にクリオネがやってきました 笑

c0340685_00335446.jpg








にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2016-03-13 01:21 | 調理 | Comments(4)

メバル定食(昼飯編)

前に釣ったメバル料理。

c0340685_00101006.jpg

まずは小さい順から3尾。

いつも釣った魚は夕飯としていただくのですが、今回はちょっとまとまったので昼メシに食べてみようと思いました。
テーマは『早く!簡単!量多め!てか昼メシやし!』ということで名付けて『メバ定』。

最近思うのですが、コッテリした煮付けは間違いなく旨いとして、じゃアッサリした煮付けってどう作ったらいいんでしょ?ということ。
いろいろ悩みましたがキーになるのは↓
・ミリンは使わない
・砂糖も使わない
・煮込む(というより煮蒸し)時間は短く
・塩味は薄口醤油で

こんなところかと。

まぁやってみないことにはわかりませんので調理開始!

まずはキーになる『甘み』の部分ですが、これはタマネギと昆布、少量の日本酒で代用。
小さいめのフライパンに少ないめの水で昆布とタマネギのみ煮ていきます。

c0340685_00213527.jpg

沸騰したら昆布はピックアップ。

タマネギのみクタクタになるまで弱火でゆっくりと。
煮物はまずは『甘み』から。

いいカンジに昆布とタマネギの旨味が水に移ったら、塩と薄口醤油で味付け。
同時に土生姜も少し。
「これでカンペキ!」って味に仕上げます。
わかりやすく書くと味噌汁の手前みたいなカンジでしょうか。

c0340685_00281913.jpg


出汁が出来上がりましたら、少量の水(50ccくらい)を加えて(煮詰まり防止)、
シイタケみたいに切れ目入れたメバルをフライパンに置く。
さらにメバルの上にこれも季節がらですが菜花を蒸し野菜に。

今回はそこまでギュっ!!っと味を入れない方法ですので、弱火で5〜10分程蒸らせば完成。

結構菜花が多かったので、汁ものは菜花の味噌汁。
ご飯ものはバラ寿司にしました。

c0340685_00314948.jpg

煮付けに関しては、味を入れすぎないことでメバルの新鮮さが際立って旨い。
プリっと弾ける新鮮な身と薄い塩味のバランスがよかったです。

菜花の味噌汁とバラ寿司は見たまんまの味でした♪

次もまた料理(夕飯編)






にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2016-03-06 00:39 | 調理 | Comments(8)

メバルの清蒸

釣ったメバルを料理しましょ〜

c0340685_01225897.jpg

ということで、今回は清蒸(チンジョン)。

この料理上海系と思われますが、香港や台湾など幅広く調理されている料理。
本来ハタ系(ミーバイなど)で調理されることの多い調理法ですが、メバルで作るのがまた旨いんですよ。

とゆーことで調理開始!

蒸し器に生姜や白ネギの芯などを並べて、その上にメバルを乗せる。
今回はいいサイズのカサゴも釣れたので一緒に。

そして蒸していきます。

c0340685_01225832.jpg

15〜20分くらいで蓋をあける。

c0340685_01225713.jpg

皿に盛り、熱した油をネギの上からジュワっと。
分量のタレをかけたらできあがり。

c0340685_01342382.jpg


レシピは過去に書いたこともありますが『清蒸鮮魚 レシピ』などで検索してください。
いろいろ出てきますので、好みで選んだ方がええと思います。

今期初ものメバルで、一番最初に食べたい料理がこの料理なのでした。






にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2015-12-25 01:35 | 調理 | Comments(4)

ガシラとムラソイの空揚げ

先日釣った魚を調理しよ~
ってことで。

前の釣りは会社の後輩参加型のユルい釣りでしたが、やっぱり釣る前のラーメンから始まり、後の釣り~調理までが趣と思うので、こればっかりは味わってもらわないと意味がないと思うのです。
と、いうことで会社の後輩が見守る中調理開始。

そもそも私はカラアゲのことを『空揚げ』と書きます。

自分の中で味のついた粉は唐もので、そのものの旨味を味付けナシで生かすものが空揚げと思っていますので。
勝手ですが、そんな理由で唐揚げと書きません 笑

片栗粉 or 小麦粉のみで揚げるのもいいですが、今回はハーフ&ハーフ。
家の裏に勝手に生えてた南天の枝を切って飾りにしました。

c0340685_18055703.jpg
旨いよね~ガシラのヒレって 笑
ムラソイもなかなかですがちょっと骨が気になる。

定説ですが、やっぱりムラソイよりガシラの方が旨いです。
高級魚はそれなりに値段だけのものがありますね♪

貧相な釣果でしたが、会社の後輩もガツガツいってました 笑

とにかく釣れないより釣れてよかった~


して、そろそろ春イカの気配。
今年もガッツな釣りしようと思います。




にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2015-04-22 00:58 | 調理 | Comments(4)

アクアパッツァ ~メバル~

料理の続き。

タイトル通り、アクアパッツァです。
c0340685_13564009.jpg
【具材】
・メバル 3匹
・アサリ 1パック
・小カブ 適量
・トマト 適量
・ローリエ 1枚
・ニンニク 1カケ
・白ワイン 適量
・水 適量
・オリーブオイル 適量
・パセリ、塩コショウ 適量

1. オイルにニンニクの香りを移して、ニンニクを取り出す
2. 塩コショウで下味をつけたメバルを、同じフライパンで両面焼いて取り出す
3. 同じフライパンでアサリを白ワインで酒蒸しにして取り出す
4. 野菜を入れて水を足し、柔らかくなるまで煮込む
5. アサリとメバルをフライパンに戻して少し煮て、塩コショウで味を整える


レシピはこんなカンジです。
ほぼ「適量」と、かなり適当ですが 笑

1〜3の文末「取り出す」ってのが大事。
味がごちゃごちゃにならず、身崩れもなく、アサリもプリプリのまま。

今回は、せっかくなのでアサリは殻を捨ててから戻しまして、
5の「少し煮て」という行程の時に、少し春らしく…と菜花を魚の上に乗せて蒸しておきました。

程よい苦みがGOODでした♪



にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

[PR]
by nmucho | 2015-03-20 14:19 | 調理 | Comments(8)